トイレの回数・時間も社内で共有 会社側「労務管理のため」

 

「サービス残業」が常態化し、支店長が「サービス残業はうちの伝統だ」とまで公言しているような会社において、分刻みの監視が「労務管理上、必要かつ妥当だった」と開き直られても・・・。 仮に、ネット上の書き込みで多く見られているように、この従業員自身の勤務態度が職務専念義務に違反していたとしても、このように特定の個人に対するストーカーともとれるような行為を企業が行うのは非常に問題があるように感じられます。

そもそも労務管理の仕事は社員に気持ちよく働いてもらうような職場環境を施策することであり、勤怠の管理はその一環としてあるべきです。あまり社員を縛り過ぎることなく、社員のモティベーションを保ち、最大限の能力を発揮してもらうための勤怠管理であり、企業側からの立場で言えば、生産性の向上を図ることにあります。

ところが、今回の監視に関しては明らかに行きすぎたパワハラ行為であり、業務に必要な範囲とは認められないでしょう。なによりも、そもそもの労務管理業務であるはずのサービス残業などの「企業側の違法行為」に対してはなんら機能しおらず、それに抗議した女性に対する意趣返しともいえる監視行為に対して、「労務管理上、必要かつ妥当だった」とはかなり苦しい言い訳に聞こえてしまいます。

 

文:nakatukasa

 

(前略)

「私一人だけ監視され、苦しかった」。こう訴えるのは、大分県中津市に住む40代女性だ。2014年8月、ある薬品販売会社の支店に入社。事務員として17年12月まで働いた。

女性の話によると、支店ではサービス残業が常態化し、支店長が「サービス残業はうちの伝統だ」と口にしていた。抗議した女性には残業代が支払われるようになったが、同僚との関係が悪化。「仕事ができない。完全に駄目」と暴言を浴び、一人だけお茶を出されないなど職場ぐるみの嫌がらせが始まったという。女性はストレス性の過敏性腸症候群を発症し、頻繁にトイレに行くようになった。

(中略)

 

「週報」には離席時間だけでなく、「鼻にティッシュをねじ込みながらカレンダーを眺める」「携帯メール」など、女性の行動が分刻みで記されていた。プライベートの予定を記した女性の卓上カレンダーの写真を添え、携帯電話の通話先や就業後の行動を探る記述もあった。女性は記録されていたことを知らなかったという。

 

 

引用:=2018/05/13付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/415872/

 

配信元 Twitter

 

No tags for this post.