①年齢と性別をお願いします。
 38歳女性です。
②アルバイトをされた期間を教えて下さい。
半年 
③具体的なアルバイト先を教えてください。
兵庫県姫路市にある結婚式場の料理等を運ぶ 
④店長の性格はどんな感じですか。
失敗をしたら、チームで説教される。特に新人を教育するリーダーや指導係は新人の失敗もリーダーの責任となり、反省会が開かれる。結婚式という華やかな舞台裏の世界は、非常に厳しく体育会系だったそれも、一生に一度の晴れ舞台で失敗してはいけないという絶対的な使命感があった。 
⑤スタッフの人たちは性格はどんな感じですか。
責任感のある人が多かった。女性でも大学生でもリーダーに抜擢されて活躍していた。店長に認められると、ワンランク上の制服が変わって扱いが変わるため、向上心のある人には向いている。気が強く、現場を仕切るタイプの人間が多かった。大人しく、周りとコミュニケーションを苦手とするとタイプの人には向いていない人間関係だった。 
⑥客層はどうしたか。
客層は、テーブルごとに担当者が決まるのだが、親族席に着くと割と穏やかな雰囲気の中、軽い会話をしながら料理を運ぶことができた。親族席に当たると、基本的にラッキーであった。

会社関係者や、男性側の友人関係者の席の担当になると、酔っ払いに絡まれたり下品な会話があったり、いろんな人がいた。非常に大変だった。飲み放題のプランだと、二時間お酒をひたすらに運び続ける過酷なものであった。親族席担当が好きだった私は、精一杯の笑顔で対応したところ、親族席に座っていた独身男性を勧められたことがあった。 

⑦仕事は楽しかったですか。
仕事は、まずは一生に一度の晴れ舞台の結婚式で失敗しないように、料理を運ぶ際につまづいたり落としたりしないように必死で大変だった。次々運ぶためにスピードも必要だが、失敗できないので私はスピードよりも慎重に運ぶことを重視しすぎて、遅くて怒られた。二度としたくないアルバイトである。 
⑧店で起こった具体的な事件を一つご紹介ください。
店で起こった事件は、新人が結婚式の最中に、テーブルにワインをこぼしてしまい、お客様の着物を汚してしまった。その新人は緊張して初日の結婚式に参加したのだが、手が滑ってなのか震えてなのか、赤ワインが入ったグラスを倒してしまったそうだ。

ベテランスタッフが迅速に対応して、着物は後ほどクリーニングや弁償という対応をされたそうだが、晴れ舞台に取り返しのつかない失敗の事件が起きたことで大問題になった。

まずは新人の指導係の大学生がこてんぱんに上司に怒られた。人格否定をするレベルで説教されていた。たしかに現場でお客さんの着物を汚してしまうという大事件が起き、多大な迷惑をかけてしまった。結婚式場の信頼も落ちかねない事態であったが、お客様は謝罪を受け入れて許してくださったそうである。

誰に対しても失敗はしてはいけないが、これが花嫁だったらと思うと、恐ろしくてたまらなかった。こんなに重荷の仕事はわたしには無理だと痛感した。 

⑨ブラックな話があればお願いします。(任意)
特になかった。 
⑩総合評価 5段階評価で言うと☆はいくつですか。
貴重な経験だったが過酷すぎて神経がすり減った。一点。 

 

ブライダル業界はブラック?

 

結婚式場の仕事が辛いのは「ブラック式場」だからかも?!過酷なブライダルスタッフの現場