ケース1

今は20台後半の男ですが、20台前半にアルバイトで焼き鳥居酒屋で働いていた時の体験談です。そこでは2年間アルバイトを行いました。

場所は福岡県久留米市の久留米駅から徒歩15分程の日吉町にあります。

店長は若く、話しやすく当時のわたしははかなり頼りにしてアルバイトを行っていました。そこで働くスタッフもとても元気で、働くのが大好きという感じのスタッフが多かったです。
お仕事終わりにみんなでご飯を食べたりとスタッフ同士もとても仲が良かったです。

その居酒屋は地元でも有名店で老若男女問わず様々なお客様がいました。地元柄少しやんちゃな若者も多く、店内はいつも賑わっていました。老若男女問はない客層に居酒屋ということもあり、お客様とお話しする機会も多く、接客業のスキルも上がり、いつも話す方には名前も顔も覚えていただき、お土産などももらっていました。

自分の個性が活かせるやりがいにあふれたお仕事だったと感じています。

【事件】
居酒屋ということもあり、お酒に酔った方のトラブルは少なくなかったです。

特にトイレでの事件が多くほかのお客様からトイレがずっと使用中だと言われ見に行くと、酔ったお客様が鍵を閉めたまま中で酔い潰れて閉まっており、こちらからは開けられないため必死で呼びかける羽目になりました。

ようやく起きていただいたと思ったらそこから鍵を開けてもらうまで10分待ちやっと出てきたと思ったらトイレがとても次のお客様にご利用していただく状態じゃなく、さらに待たせてしまい。挙句の果てにはそれが理由でお店へのクレームにまで発展してしまいました。その事件が起こってからは誰が対応するかでジャンケンするようになりました。

【ブラックな話】
ブラックな話は特にないのですが、有名店ということもあり、休憩はご飯を食べる時間だけでした。それもゆっくりではなくかなり急いで食べる5分間とかが忙しいときはありましたね。

【総合評価】
お酒を扱うのでトラブルなども多いですが、やはりやりがいの方が勝つお仕事だったと思います。休憩をゆっくり取りたかったなという点を入れて星は4つです。

 

ケース2

汚い内容で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

私がバイトしているコンビニで、昨夜トイレを利用した男性客がいたのですが、トイレ及び店内を汚物で汚して帰られたという出来事がありました。

退勤一時間前、レジにいたら店内に異様な臭いがし、バイトの子と臭いね?と話していました。しばらくして、休憩中だったバイトの子が休憩終了前なのにバックルームから出てきました。バックルームの隣がトイレなのですが、壁越しに臭いがしてきたらしいのです。

店内を見るとところどころに大便が。アルコールで拭き取りながら、恐々トイレの方へ向かうと、ちょうどトイレから出てきたサラリーマン風の男性と入れ違いになりましたが、鼻がもげるほどの異様な臭いですれ違った時に思わず振り返りました。

すると、男性客の後ろ姿は、お尻から片足が黄色く濡れており、漏らしてしまったのがすぐにわかりました。それとなく追いかけて行くと、そのまま店外へ出たのですが、店の前で靴を履き直していて、それを店前でタバコを吸っていた別のお客様も怪訝な目で見ていました。たぶん黄色く濡れた後ろ姿と臭いでわかったんだと思います。

恐る恐るトイレへ戻ると、悪臭はもちろんのこと、便器・ペーパーホルダーのふた・トイレ中の壁・洗面台・ドア…便器の奥にはお漏らしした下着が大便だらけの状態で捨てられていました。

吐き気を覚えながらなんとか掃除をしたのですが、汚物を入れたごみ袋を店外のごみ置き場へ捨てに行くと、店外のいたるところに大便が落ちていました。
踏まないように他のバイトの子たちには注意を促しましたが、店外は他の飲食店と共有している敷地なので、掃除をするにもどこまでやるべきか、どうやって処理するか …と考えていたら、もう退勤の時間なのでとりあえずあとは良いよ、と言われ、店外の大便はそのままにして帰宅してきました。

防犯カメラで男性客の来店した時間や顔つき・服装などは他のバイトの子達とも確認して店長にも報告はしたのですが、これってもし警察に言ったら男性客は何か罪に問われたのでしょうか?器物破損とか。

まぁ…あの臭いを放っている人を呼び止めてどうこうできたかと言えばそれもできたかわからないのですが、ただ、あんなにひどくトイレを汚されたので掃除をした私としては許せないのです。
どうやったら壁に大便がつくんだ!!(怒)

出典:YAHOO知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1386755193

 

①ケース1・2の店側の対応方法についてどのような対応がベストだと思いますか。
②お客様を訴えますか?
③その他ご自由な感想や意見をお願いします。

 

 

トイレを汚していった客を訴えますか?

 

経営者が大分追加でバイトへの給料を支払えば解決する問題

 ①このケースでは、本当に何も出来ない。お客様というかその「人間」にモラルを持ってもらうしかない。

②ケース1に関しては本当に訴えても良いと思うが(名刺ないし連絡先を貰い会社に電話)ケース2についてはしらばっくれる可能性が高い。
しかし訴えても良いと思う。

③全く同じような経験をしたことがある。
海外の飲食店で働いていた時に、某国の方がいらっしゃって、注文を受けた時は「高そうな服を着てるし、手足も長い!モデルさんみたいに綺麗な人だなぁ」というイメージしかなかったのですが、彼女が食後にトイレを使い「とても美味しかったわ。ありがとう、またくるわね!」と笑顔で会計をした後、使用後のトイレに入ると阿鼻叫喚でした。
某国の人は洋式のトイレでは座って出来ない人が少数いる事は聞いていましたが、便座に足をおき、和式スタイルで下痢を撒き散らし、何が起きたのか分からない惨状でした。勿論壁にもついていました。昼ごはんで彼女と友達で150ドルは超えていましたので、経済的には全く困っていないと思いますが、教育とモラルに問題があったのだと思います。
経営者が大分追加でバイトへの給料を支払えば解決する問題でもあります。

 

訴えましょう
 ①ケース1、2ともに客の問題で、店には何にも落ち度がない。
ケース1は酔っぱらった客がトイレを占拠したことを契機としたクレームが発生している。店に対する不満が発生していて、これが例えばSNSなどで広がれば店に対する評価が下がりかねない。酔っ払いで自分をコントロールできないのはその人の責任。店はクレームから損害が発生した場合には、客に要求すべきだと思う。客の身分証明を確認し、具体的な損失が発生したなら後日請求した方がよい。
ケース2も一種の公共利用の場であるコンビニのトイレでのトラブルであり、衛生上に問題がある。トイレと店内への汚染は事実で、食品を販売している店としては衛生管理が求められるので大問題だと考えられる。どのような処理をしたか詳細は分からないが、清掃と消毒はしなけらばならないはずである。その作業費用は当然汚した客が支払うべきもの。店も異臭で営業妨害として訴えることが出来るはずだと思う。営業妨害に対する損害と清掃費用の請求をすべきだと思う。
②ケース1は具体的な損害が発生した場合には訴える。ケース2は即刻訴える。
③お酒のトラブルだと許される面もあると思いがちだが、対処する側からしたらそんなことは言い訳でしかない。店を困らしたらその謝罪と損害をしっかり補填する。当たり前のことだと思う。店側も時には警察の力も借りて、損害は埋めるべき。厳しく判断したところで、普通のお客では全く問題にもならない。そんなトラブルを起こさなければいいだけなのだから。損害に対してはしっかり請求して店の清潔さを保つべきだと思う。

 

出入り禁止などの対応をとって良いかと思います。
 ①ケース1の場合のベストな対応は、まずトイレに鍵をかけ酔いつぶれてしまったお客さまに必ず注意します。酔っている状態なので聞き入れるかはわかりませんが、次回以降同じお客さまが同じようなトラブルを起こした場合、前回にも注意した経歴があることを認識してもらうためです。また、従業員間でもそのお客さまの特長やトラブルの内容などをしっかりと共有しておきます。ミーティングや共有ノートのようなものがあれば良いと思います。さらに、ご迷惑をかけてしまったお客さまやクレームの電話をいただいたお客さまには、お店側がどのように対応したかの経緯と、今後の対応をどうしていくのかをお伝えして誠意をもってお詫びをします。トイレに張り紙をしたり、トイレに入るお客さまを注意して見ている人をつくったりするのが良いかと思います。
ケース2の場合は、明らかに業務・営業妨害になると思うので、お客さまに注意すべきです。そのまま反省もなく、放置していくようなら出入り禁止などの対応をとって良いかと思います。他のお客さまや従業員、近隣に迷惑をかけているので、それくらいの対応が普通かと思います。②訴えるのは難しいと思います。確実な証拠写真や証言があれば可能かも知れませんが。③このような事例は少なからずあると思います。何を第一に考えて対応するかを日頃従業員同士で共有しておくのがベストかと感じます。

 

ケース1は訴えるのは難しい。ケース2は訴えるべき
 ケース1の場合居酒屋なので、トイレで酔い潰れるといった状況や最悪の場合、急性アルコール中毒で死ぬ恐れも想定できるとは思うので、店側で鍵が開けられるようにしておくとよかったと思う。ただ、そのせいで店クレームを入れるのは、気持ちはわからなくもないが、やり過ぎだと思う。
ケース2は突然のことで頭が回らないとは思うが、その男性を呼び止めるべきだった。普通に用を足していればそんな状態になるわけがないので、立派な犯罪だと思う。呼び止めた上で、警察に連れていくか、自分で掃除をさせるかを考えてもよかった。
ケース1はお店のお酒で酔い潰れたことにより引き起こされた問題なので、訴えるのは難しいと思う。
ケース2は普通ではないし、酔っ払ているわけではないことから悪質きわまりない。訴えるべき。
ケース2は常識的に考えてありえないし、防犯カメラに写っていたのであれば、それを警察に見せて捕まえてもらえばいい。取り合ってくれないのであれば、探偵でも雇って民事裁判でも起こせばいいと思う。

 

ケース1は想定の範囲内。ケース2は・・・人間性を疑います。

 知らない人達が入れ替わり使うトイレという場所ですから、人間性、モラル、マナーが問われますね。

居酒屋さんでお酒に酔いつぶれ、トイレを汚すのは良い事ではありませんが、アルコールが絡む以上、避けられない話です。
アルコールの提供側ですから。

アルコールを提供するにあたって、酔いつぶれるお客様がいて、嘔吐等の被害がトイレで起きるというのは想定の範囲内です。

したがって、お客様に汚され、その掃除をしなければならないのも仕事のうちになります。
お店側もトイレの鍵にマスターキーを使えるタイプにするとか、対策が必要かもしれません。

コンビニのトイレを大便で汚されたお客様は、謝罪の言葉もなく、人間性を疑います。

もし一言、店員さんにすまなかったという気持ちを告げられ、後日手土産でも持ってコンビニに謝罪にくる、という対応が欲しかったですね。

また故意にトイレの壁等に汚物を付けたなら、器物損壊等に当たるのではないでしょうか。

それならば、コンビニの店員さんの仕事以上の事をさせられた、と言えます。

どちらのケースにせよ、トイレはみんなで気持ち良くつかいたいですね。

 

「汚物は便器におさまるようにしてください!」や「綺麗にお使いください」という張り紙が念入りに貼ってあるトイレは綺麗
  ケース1、2、ともに言えることですが、居酒屋もコンビニもトイレの個室の数を増やすことが大事なのではないと私は考えます。私もよく居酒屋やコンビニのトイレを利用するのですが、例えばコンビニであると、観光客が多い場所などであると人がものすごく並んで、しかも個室が1つしかないので、ケース1や2のように汚物がついていたり、異臭がしたり、することもよくあります。また、居酒屋も個室が1つしかないケーズがほとんどです。駅や百貨店、ショッピングモールなどでは個室が複数設置されているトイレが多いため、問題は起こりません。しかし、もう何年も前からコンビニや居酒屋のトイレ個室が1つに限られているのは、人件費の削減等、さまざまな理由があるのでしょう。そこでもう1つの案として、注意張り紙・ポスターを念入りに貼ることをおすすめします。これはあくまで個人的な意見ですが、私がトイレを利用する時、「汚物は便器におさまるようにしてください!」や「綺麗にお使いください」という張り紙が念入りに貼ってあるトイレは綺麗です。それから、店員さんの声かけも大事だと思います。特にコンビニトイレを利用する際って基本的に店員さんは利用客に声をかけないですよね。ここも改善するなどすればトイレ利用客の意識も変わりますし、問題は減少すると思います。

 

「お手洗いは汚したらすぐに従業員を呼ぶように」と注意書きを書くのが1番良い
 お店でのお手洗いの使用は、店側からのお手洗いの使用についての注意書きがあっても、お客様ご自身の判断で利用するのでなかなか難しいと思います。
しかし、ケース1と2で共通していることは、お客様にお手洗いの使用について店側から何も伝えていないことが良くないのではないかと思います。
起きてしまったことは仕方ないので、速やかに掃除をしたりの処置を取ったのは大事なことですが、該当するであろうお客様にお声掛けをして、お客様から事情を聞き出し、清掃する前に、お客様によってお手洗いが汚されてしまったことをお客様にお伝えし、今後同じようなことをしたら来店をお断りするなどの注意を促す必要があったと思います。
お客様は神様ではないので、お客様が起こしたことは必ず注意をしないといけません。
もし、そこでお客様が反抗的な態度を取ったり、従業員に暴力を振るおうとした場合は警察を呼んで訴えるべきです。
お手洗いを汚さされたぐらいで訴えるのはやり過ぎですので。
こういったお手洗いの使い方は汚したらすぐに従業員を呼ぶようにと注意書きを書くのが1番良いと思います。

 

ケース1は居酒屋であればどんな店舗でも一度は耳にする話
 ①ケース1・2の店側の対応方法についてどのような対応がベストだと思いますか。
ケース1 店側の対応は適切だったと思います。居酒屋ということで酔いつぶれるお客様が多いのは周知の上とのこと。
もしそれ以上の対応を求めるのであれば、お手洗いに向かわれるお客様に一声掛けていただくようにし、様子をうかがう。そして酔いつぶれる可能性のありそうなお客様であれば同性の店員が付き添うとよいかもしれません。ケース2 異臭がした時点でお手洗いに確認にいくべきだった。万が一にも体調不良を起こされている可能性も示唆されるため。
今回の場合は違うようだがお客様の動向が明らかに不自然、大便がそこら中にばらまかれるのはおかしい話なので早めにお声がけすることによってもう少し被害が防げたかと思います。②お客様を訴えますか?
ケース1の場合は難しいかと思いますがケース2のお客様に関しては迷惑行為といっても過言ではないため、警察に相談するなどの対処法はあってしかるべきです。③その他ご自由な感想や意見をお願いします
ケース1は居酒屋であればどんな店舗でも一度は耳にする話であるが他のお客様に迷惑のかかる行為をいかに止めるかというのは今後課題なのだなと思います。お客様の酔い具合を完全に把握するのも難しいですし、やはり事前にお手洗いに向かうとき声を掛けることによってすこし様子が分かる気がする。
ケース2はその他のお客様にも迷惑がかかる上に常識では考えられない逸脱した行動だと思います。店員さんたちはとても大変だったでしょう。異臭が壁を越えてくるのはよっぽどですし、どんなに腸内が大便を圧迫していてもそれほどに飛び散ることは考え難い。処理をした店員さんたちにお疲れさまでしたと、今後その人を要注意人物として周知するべきなのでしょうね。

 

汚したお客様の態度や危険性が高いとか人間性しだいでお店を「出禁」にする
 飲食店やコンビニではトイレ問題が多いのも現実です。汚れてしまった以上は誰かか掃除をして綺麗にしなければなりません。それを誰がやるかは、その職場のメンバーにもよるかと思います。そうゆう汚い系の事が凄く苦手な子がいる場合には自分が先頭きって掃除をやりに行く感じになると思います。お客様は本来ならば正直に「すみません、トイレを汚してしまいました」と店員さんに言うかお店の外からで匿名の電話でも良いからきちんと内容を伝えるべきだと思います。トイレを汚してしまった場合は自分で綺麗にできる所までは自分で拭いたりとかするべきだと思います。そのお客様が法律的にどうなるかは定かではありませんが少なくとも警察を呼ぶことはしても良いと思います。そして警察の人がいた方がアルバイトやお店にとっても安全だからです。法律的にどうなるとゆうよりも、汚したお客様の態度や危険性が高いとか人間性しだいでお店を「出禁」にすることは可能です。警察の人達がいた方がそうゆう時に色々な処理をしてくれるので安心です。今はコンビニでも何かあると「出禁」にすることは可能です。

 

正直なところ、1,2共にお店の「泣き寝入り」だと思います。
 ①難しい問題ですが、正直なところ、1,2共にお店の「泣き寝入り」だと思います。
ただ2の場合は、録画画像を活用すべきでしょう。
監視カメラの画像レベルがわからないのですが、良いカメラなら人物の特定が出来るほど鮮明に映っていると思います。
今回はそれを残しておく。
そして、もし、もう一度同じことをされたら、今度こそ、本人にも告げたうえで警察に言うべきでしょう。
この人がどういった意図で、こんなことをしたのかまだわかりません。
単なる嫌がらせか、肉体的な理由(病気とか)で漏らしてしまったのか、精神的にちょっと異常な状態だったのか、それとも店に恨みがあった可能性もあります。
1回されたのと、2回(以上)されることは、意味合いが違うと思うので、今は様子見というところでしょうか。②訴える…とまではいかないでも、警察には相談しても良いかもしれません。
特に2は、この件を言って、今後こういったことにはどう対応したらいいですかと聞くのもいいかも。
巡回ルートとして回ってくれるかもしれませんし、とりあえず報告だけはしておくのが良いかと。1については、店の入り口に監視カメラを置いても良いと思いますが、現場から少し離れていて、それでは人物の特定が難しいかも。
さすがにトイレの前には置けないですよね…さりげなくトイレに行く廊下に置ければいいと思いますが。とはいえ、録画したところで、居酒屋という店の性質上、どうしようもないかもしれません。

わずかでも抵抗策として、トイレ内の温度は寒いめにしておくとか、ミント系の芳香剤をきつめにするとか、電気はあかあかと明るくするとか(少しは酔いがさめる?)。
掃除しやすいよう、オシャレなグッズは置かず、居心地の悪いトイレにすべきです。

③世の中には、いろいろな人がいます。
私は電車の中でも、吐いている人、漏らしている人、局部を出している人などを目撃したことがあります。
そのあとそれを誰が掃除するのか、その人達は全く考えていないでしょう。
(特にお酒が入っていると)

シンガポールのように、厳しい法律、罰金制度もうなづけます。