①年齢と性別をお願いします。
 30代 女性 アルバイトをしていたのは10代後半から20代前半
②アルバイトをされた期間を教えて下さい。
3年間 
③具体的なアルバイト先を教えてください。
神奈川県のとあるITTO個別指導学院 
④店長の性格はどんな感じですか。
子供には優しいが、バイトにはかなりきつい。傲慢な人 
⑤スタッフの人たちは性格はどんな感じですか。
塾長のしもべみたいにぺこぺこしているがバイトには態度が大きい 
⑥客層はどうしたか。
かわいい 
⑦仕事は楽しかったですか。
やりがいがあり、楽しい 
⑧店で起こった具体的な事件を一つご紹介ください。
ある人が付けた添削の答えが間違っているのではないかと親がどなりこんできました。その子が一生懸命やってきた宿題の添削で本当はあっているのに、ばつをされ、子供は何が間違っているのか分からないと、90分の授業のほとんどをその問題のお直しに費やし、時間を無駄に過ごしてしまったのです。

もうこの塾はやめる!精神的に損害を与えられたから訴えてやると言ってきました。結局は平謝りし、そのバイトを解雇することで決着がつきました。 

⑨ブラックな話があればお願いします。(任意)
休みを申請すると嫌味をひたすら言われ続けた 
⑩総合評価 5段階評価で言うと☆はいくつですか。
 2

 

参考動画(※体験談とは関係ありません)

 

モンスターペアレントにはどう対応する?

 

採点が間違えていたのなら、塾側が謝る。採点が正当であるなら、その旨をきちっと伝えるべき。
 バイトの解雇はすべきではなく、その子供の間違えについて、改めて説明する正攻法を取るべきだと考える。採点が間違えていたのなら、塾側が謝る。採点が正当であるなら、その旨をきちっと伝えるべき。子供の解答間違いについてバツを付けるのは当然。そうでなければ添削の意味もないし、子供の為にもならない。間違いを指摘される事なく育ってしまえば、間違い続ける。親がそれに気づいていないのだと思う。であれば、親も交えてその間違いを指摘するのが教育現場ではないかと思う。親はとやかく言うだろうが、子供に理解してもらうのが一番大事。子供が理解して、なぜ間違いとなったかをわかれば、親に相談する事もなくなる。バツをみた親がとやかく言っても、子供がしっかりすれば親は塾にまでは文句を言ってこない。
人は間違いをするものなのだから、何で間違えたのか、なぜ間違いなのか、解答例との違いはどこかを見直す力が必要だ。間違いからどう立て直すかを、子供にしっかり教えていけば、親からの文句は減ってくるのではないかと思う。

 

その子の担当を変えれば良いだけの話だと思うのですが。
 バイトを辞めさせるとは、相当ですね…。
その子の担当を変えれば良いだけの話だと思うのですが。
もちろん、そのバイトと塾の経営者(管理職)からの謝罪は必要です。そもそも「訴える」っていうのは、単なる脅しとしか思えません。
裁判所に訴えたら、現実的に費用もずいぶんかかります。
(訴える前の、弁護士への相談費用だけでもかなり痛い出費ですよね。)
感情論でわめきちらしているだけで、具体的に訴えることはないように思います。

むしろ、塾の経営者はこのバイトを守るべきだったのではないでしょうか。
モンスターペアレントは、この件で味を占めて、また違うことでも文句を言ってきそうです。
義務教育の学校ではないですし、モンスターペアレントには関わらない方策を取るべきだったのでは…。
塾をやめてもらった方が良かったように思います。

このような理由でバイトをやめさせた方が、不当解雇だったのではないでしょうか。
バイトから労働基準監督署に報告される可能性の方が高いような気がします。

 

過保護を通り越していると思います。
 この問題は過保護を通り越していると思います。そんな環境で育った子どもが大人になって仕事をする時がきた時には必ず大きな問題が出てくると思います。自分の子供が可愛いのは当然ですし良い点数をとって子供の笑顔が見たいのも分かりますが汚いやり方や「揉め事なんかで得た得点」はきっと子供ながらに嬉しくはないのでしょうか。親がそんなに揉めている姿は子供の未来にとって悪影響にもなります。先生たちの対応は本来に難しいと思います。とりあえず「おっしゃる事は分かるのですが」と完全否定をせずに会話をしていって、なるべく一人ではなく数人の先生たちも混ざって1つずつ1つずつの内容を確認しながら解決していかないとならないと思います。会話をしていく上で紙に細かくお互いのことを記入したり、もしくはお互いの為にもとゆう形で会話を録音したりと、まずは1つずつ整理していくことが大事だと思います。自分の子供は可愛いのでしょうけど自分のステータスのアクセサリー感覚で育てる事は問題があると感じます。

 

怒鳴りこむことはないのかな?
 まず、添削の答えの間違いに気付いたご両親ですが、怒鳴りこむことはないのかな?というのが率直な意見です。これが何度も繰り返し起こっている事案であれば怒鳴りこむ気持ちもわかりますが…
ただ、添削をされた方にとっては初めての間違いでも、純粋に頑張っている子どもにとってはとても迷惑なことだったと思います。
ここはまず、素直に子どもに謝罪するべきだと思います。
その上で、塾の責任者は、ご両親、子どもに誠意をもって謝罪するのが手順だと思います。
そして、ご両親も誰にでも間違いはあることを子どもに教えてあげれるぐらいの余裕があると良いと思いました。このバイトの人を解雇したことが良かったのか、悪かったのかは判断できませんが、怒鳴りこんでくるような行為があったのであれば、私なら自ら辞職願を提出すると思います。
教える側も精神的に辛くなると思うからです。
今回の場合、もう少し塾の責任者が、ご両親と子ども、バイトの人、双方が納得いく話し合いの場がもてたら後味が悪い終わりかたをしなかったのではないでしょうか?

 

運が悪かったと思うしかないです。
 モンスターペアレント、ここ数年、よく耳にする言葉ですね。実際に見たことはありませんが、本当にいるもんですね。
まず、採点を間違えたバイトにも、落ち度があります。子供が一生懸命答えたものが正解なのに、ばつをもらってしまったら、なかなか質問できない内気な子供であれば長い時間その回答とむきあってしまうでしょう。
そんな子供の頑張りが無駄にされては親も怒ります。ただ、その時の対応によっては普通の親なら、怒りを静かにさせれたのかなとも思います。きっと採点をした本人がしっかり誤り、無駄にした時間の分をプラスに受講させるかすれば、だいたいは収まりそうです。ただ今回は運が悪かったのでしょう。モンスターペアレントに出会ってしまったのですから。子供なんで、その時は悲しくてもそのあとに褒められたりすれば精神的に辛いことなど忘れてしまうでしょう。なので、子供のことより私の子供をバカにされたという親の気持ちの怒りが大きいですね。この場合、どう話しても理解はしてくれないでしょうし、バイト解雇が妥当だったんじゃないでしょうか。もししなかったら塾側のへんな噂をひろめられたりしかねないです。運が悪かったと思うしかないです。

 

担当の変更や退塾、裁判要求に関しては当然の権利
 モンスターペアレントと一言で片付けると自分に対して不利益な方に投げつけてしまうと簡単な一言ですが、理不尽なことを話しているか精査して対応することが大事だと感じたケースでした。
まず、今回のケースでは正解している問題のやり直しを求めてしまい、なおかつ90分間も解説するのでなく同じ問題を解かし続けてしまったこと、それに加えて生徒や保護者に対する説明が塾側から無かったことにあると思います。
もちろん生徒側から、質問があればこの様なことは起こらなかったかも知れませんが個別指導塾で同じ問題を授業時間全て使って解けていない状況では保護者がしっかりとした授業をされてないと感じても不思議ではありません。
また、保護者がその状況の報告がなく子どもからの連絡だけで知ったとなると責任者も授業の様子を把握してないのでないかと感じたのだと思います。
そのことを踏まえて、アルバイトの解雇や金品の要求を求められたら理不尽な要求ですが担当の変更や退塾、裁判要求に関しては当然の権利になってきます。
謝罪の気持ちを込めた対応を取ることが今回のケースでは、必要だと感じす。

 

他の先生の意見を聞いて相手に納得してもらうことが一番よい解決ほう
 詳しいことは私もよくわかりませんが、正しい解答書がある筈でそれに従って添削している筈です。それが親が間違っているから訴えるというのは、あまりにも短絡すぎる思います。なぜならば人間のやることです。何回かミスはつきものです。最近でも国立大学の入試問題の解答を間違えて不合格にしてしまったことがニュースでもありましたね。そういうことです。ところが一度だけの添削ミスでしょう。数回かは知りませんがね。問題は一回のミスそれも正解かも知れないのでしょう。それを言いがかりつけてくるのは根が深いですね。そういう問題になったら裁判の前の調停で相手と交渉するしかないですね。でもほとんど相手が負けるからやめます。まず話し合いをしてみて、他の先生とも話して応援して相手に納得してもらうことからはじめたらどうですか。自分だけで処理したら水掛け論になるから他の先生の意見を聞いて相手に納得してもらうことが一番よい解決ほうではないでしょうか。以上です。

 

親が一生懸命になることは素晴らしいことですが、やり過ぎは良くないですね。
 自分の子供に対して親が一生懸命になることは素晴らしいことですが、やり過ぎは良くないですね。
勉強はその子一人一人進み具合や出来具合に個人差があります。
分からない問題がたくさんあって当たり前です。
一生懸命宿題を頑張って時間もいっぱい掛けているのに報われないこともあります。
でも、そうやって時間を掛けて一つの問題を考えることが子供の成長には必要だと思います。
この子のお母様はそういった時間を無駄と言っている辺り、元々勉強することに苦労されてなかった方ではないでしょうか。
その子がどれぐらい勉強出来るかは他人と比べるものではありません。
今の親は、いかに早く結果を出すことに執着しすぎている気がします。
もちろん、時間は待ってくれませんからのんびりしてる暇はないと思うかもしれませんが、すぐに答えを出さずに子供の成長を少しずつ感じていくことにもっと喜びを持った方がいいと思います。
そして、子供に勉強を教える方は必ず子供に間違っているところを分かりやすく伝える努力をしてほしいです。
子供や親が納得していなければ、先輩や上司にどうやったら分かりやすく説明出来るかを教えてもらうことが大事だと思います。
この件は私からしたらどちらにも原因があるかと思いますが、お客様の立場である親側の方が強いのは少し考えものですね。

 

バイトを守るのも経営者の仕事です。

 とんでもないモンスターペアレントだなと思いながら記事を読みましたが、最終的に「採点ミスをしたバイトを解雇した」ということに一番驚きました。

バイトはバイトであって、それを管理・指導する責任があるのは経営者です。そして、バイトを守るのも経営者の仕事です。

経営者が責任を取らずに、バイトをクビにして責任を取らせるって間違っていませんか?モンスターペアレントの言いなりでいいんですか?

採点ミスをしたことで、子供が混乱し、傷付いたことは残念なことだと思います。でも、訴えてやる!って感覚はおかしいですよ。(訴訟大国アメリカなら、あり得ないこともないのかもしれませんが。)

今回の場合でしたら、丁重な謝罪を行った上で、無駄になったと主張する90分授業を、別の担当者が無料で振り替え授業をするなどの提案をしたらよかったと思います。

それでも採点ミスをしたバイトをクビにしないと気が済まないと言うのであれば、塾を辞めてもらって構わないくらいの強い姿勢で応戦するべきだったと思います。

 

「精神的に損害を与えられたから訴えてやる」と言ったり、バイトを解雇にするのはやり過ぎ
 仮に生徒側が正しかったとして「精神的に損害を与えられたから訴えてやる」と言ったり、バイトを解雇にするのはやり過ぎではないだろうかと思います。
口コミや噂、イメージなどで左右されそうな塾という業種ですが、そこはキチンと真偽を明らかにした上で「無駄になった」と感じた90分の授業分が1回無料、更にお詫びで値引き、などして納得して頂けないのであればやめて頂く結果だけで良かったのではないのかな?と、バイトを解雇したのはやり過ぎに感じました。「一生懸命やってもばつはばつ」と誰かが教えてあげてもいい気がします。ばつが気に食わないのなら”過程はばつのままで解答のみオマケで点数をつける”対応でも良かったのかもしれません。次にもしまた同じようなモンスターペアレンツが来たらまた同じ対応をするのか、それとも従業員を守るのか気になるところです。同じ対応をしていたら、きっとそのうちに対応しきれなくなったり、従業員を守ってくれない会社では従業員がいなくなってしまう気がします。そして、そのモンスターペアレンツはこの先もどこへ行っても同じことをしそうだと思いました。モンスターペアレンツからは少し離れてしまう気もしますが・・・
「宿題の添削で本当はあっているのに、ばつをされ、子供は何が間違っているのか分からない、90分の授業のほとんどを無駄に過ごしてしまった」とあるけれどまず、本当に答えは間違っていなかったのか、または答えよりも式や理論など工程を重視した問題だったかどうか、など気になる点は多いと思いました。そして何よりも、答えが「正解でもばつをされた理由」がわからないのならば先生に質問するなり、確認をとってみれば済むのではないか?と疑問に思いました。もし、添削者側が本来は正しいのであれば「答えがあっているのにばつをした」理由をきちんと理解していないから「ばつ」になった訳だし、お直しが無駄かどうかは子供が決めるのではなく添削側だと思います。趣旨を理解していないから「ばつ」だったのではないのでしょうか?真偽がわからないので何とも言えませんが、そう感じました。