①年齢と性別をお願いします。
30代 女性 バイトしていたのは20代の時 
②アルバイトをされた期間を教えて下さい。
2年間 
③具体的なアルバイト先を教えてください。
大阪市内のヘルバー事業所で、障がいをもった方たちの身体介護 
④店長の性格はどんな感じですか。
ヘルパー事業所の所長さんの性格は、気さくで明るい人でした 
⑤スタッフの人たちは性格はどんな感じですか。
他のヘルパーさんたちは、主婦の方が多く面倒見がよかったです 
⑥客層はどうしたか。
介護を受け持った障がい者の方々は、神経質な方もいれば、優しい方もいました 
⑦仕事は楽しかったですか。
障がい者の方々の日常に寄り添い、日々勉強になりやりがいがありました。他方で、親切心が余計なお世話だと叱責されたり、厳しい仕事で、人生経験が豊富でないと難しいと感じました 
⑧店で起こった具体的な事件を一つご紹介ください。
事件と言えば、ヘルパーに利用者さんが、たびたび契約にない仕事を依頼することです。明らかに時間外なのに、「今から買い物に行って来て」などもありました。「もう時間外なので…」と断りましたが、「あれがないと作業所に行く時間に間に合わないのに!」と強く言われて、仕方なく受けることも多かったです。

他のヘルパーさんも同様で、利用者さんの身辺介護をしてプライベートな話をすることが多くなる分、仕事であるという意識を飛び越えてしまわれる方も多かったです。

「今度の休み、見に行きたい映画があるから一緒に行こう」と言われると、映画に付き添うのも身辺介護の一つでも、プライベートで誘われているのかと判断に迷い、好意が嬉しくてヘルパー事業所に相談せず行ってしまったことがありました。

のちに何かの拍子で発覚し、「勝手なことをされては困る」と叱責を受けました。純粋な好意で誘ってくれたものと思っていましたが、映画に行ってみると「これを運んで」「トイレに連れていって」など、いつもの仕事だったので、間違ったことをしてしまったと思いました。 

⑨ブラックな話があればお願いします。(任意)
利用者さんが異性のヘルパーに好意を抱くことはよくありました。やきもちから、好意のあるヘルパーに受け持たれている同性の利用者の陰口を言われる方もいました。当たり前ですが、障がいを持った方も黒い感情も併せ持った、一人の人間だと実感しました。 
⑩総合評価 5段階評価で言うと☆はいくつですか。
総合評価は☆4です。

障がいについて、とても勉強になりました。
厳しい仕事で二年で辞めましたが、人生経験をつめたときにまたチャレンジしたいです。 

 

参考動画(※体験談とは関係ありません)